静岡富士宮市にある確かな技術の歯科医院【一般歯科】
一般歯科 口腔外科 インプラント 審美歯科

ぱんくず

トップページ ≫ 一般歯科

虫歯や歯周病・口臭の予防は正しい歯の磨き方と定期健診で

一般歯科は、歯科医院に訪れる大半の患者様が抱える歯トラブルを診療する科目となり、主に虫歯や口臭、歯周病などの
治療を行います。
また、虫歯になる前に、予防をするために歯の定期検診を行ったり、お子様の歯の検診なども行っております。
患者様が健康な歯を保って笑顔で快適な生活を送れるよう、上井出歯科医院では丁寧なカウンセリングを行い、
患者様に最適な計画を立てた上で、適切な対策と治療を行います。

  ---

虫歯について

  虫歯について

お口の中には多くの口腔常在菌という細菌が常に存在して
います。
この中には「ミュータンス連鎖球菌」を中心とする
虫歯原因菌が存在し、砂糖など糖を含んだものを食べたり
飲んだりすると、お口の中の虫歯菌(ストレプトコッカス・
ミュータンス菌など)が、糖をエサにしてグルカン(歯垢のもと)を
つくります。このグルカンねばねばしていて歯にくっつき、口内に
いる虫歯菌を歯にどんどんくっつけていきます。この歯に
つけられた細菌のかたまりがプラーク(歯垢)となります。

虫歯について

  虫歯について

形成されたプラークの中では、虫歯菌が糖をを発酵させて虫歯の原因となる酸を作りだし、歯の表面にある硬いエナメル質など、
歯質をどんどん溶かしていきます。これがむし歯です。


虫歯の度合い
【C1 虫歯の初期症状】 【C2 象牙質まで進行】 【C3 歯髄まで進行】 【C4 虫歯の末期症状】

【C1 虫歯の初期症状】
歯の表面エナメル質の部分のみ虫歯になっており、歯の表面が白く濁ったり黒く見えている状態で、特に痛みを感じることはありません。

【C2 象牙質まで進行】
虫歯が象牙質にまで進み、歯の表面が黒く見えている状態。飲食で痛みが伴う事があります。

【C3 歯髄まで進行】
虫歯がどんどん進行して神経(歯髄)にまで達した状態。歯科に通おうと思うのもこの時が非常に多いです。

【C4 虫歯の末期症状】
さらに虫歯が進行すると神経が死んでしまい痛みを感じなくなります。
ここまで来ると抜歯をしなければならない場合があります。

  ---

虫歯は早めの治療を行うのがベスト!

虫歯の状態が上部のC1やC2のように歯の神経まで虫歯が到達していない浅い虫歯の場合は、虫歯になっている部分を
少し削って何かで詰めることになります。削る部分があまり大きくない虫歯であれば、歯の色によく似た樹脂を詰めることが
大半で治療も比較的すぐ治療した箇所が目立たないのが利点。
しかしC3・C4のように削る範囲が広くなってしまうような虫歯の場合は樹脂だと強度が足りなくなってしまい使用することが
できないので、型を取って歯の一部に金属をはめこんだり、かぶせたりします。
これが一般的に言われている銀歯や金歯です。
型をとって埋め込んだり、かぶせたりする金属を作成しなければならないので、C1やC2の時よりも治療回数やかかる金額は
増えてしまいます。

金属をかぶせてしまうとどうしても見た目が気になるかと思います。見た目を重視する患者様には自費診療になりますが
セラミックなどの歯と同じ色も素材を使用して処置することも可能です。
詳しくは「審美歯科」をご覧下さい。

治療を楽にキレイな歯を保つためにはやはり早めに歯科医院に訪れていただくのが最良な方法だと思います。

  ---

ページの先頭へ

歯周病 (歯槽膿漏)

  歯周病 (歯槽膿漏)

歯周病は歯肉炎、歯周炎を総称する細菌感染症です。
虫歯の原因である歯垢が歯から取り除かれないと次第に歯石
へと変化していき、この歯垢や歯石が細菌の宝庫となり周囲の
歯肉を刺激し歯肉炎となり、最終的には歯周病を引き起こし、
歯をささえている骨を溶かします。
口臭が気になる、歯肉が腫れる、歯肉から出血する、歯が
グラグラするなどの症状があれば、歯周病にかかっている
可能性があります。歯周病は歯を失うだけでなく、全身疾患にも
悪影響を及ぼす可能性がありますので心当たりのある方は
早めに上井出歯科医院にご相談ください。

歯周病 (歯槽膿漏)
  歯周病 (歯槽膿漏)

成人の歯周病は、30歳ぐらいから自覚症状もなく発症し、適切な処置を行わないと加齢とともにゆっくり進行していきます。
また、「喫煙」「糖尿病」「薬剤の服用」「よくない歯の治療」などの危険因子が重なった場合は、急激に悪化する場合もあります。
歯周病を治療するには、まず正しい歯磨きをしっかり身につけること。歯磨きに気をつけて歯の汚れをしっかりとるのが歯周病を
防ぐ大きなポイントです。
さらに、歯石などの硬くなって歯ブラシでは取れなくなった汚れを超音波で除去したり、歯の状態や歯茎の状況に応じて色々な
治療を行っていきます。
重度の歯周病になると、歯根膜や歯槽骨が破壊されていき、歯がグラグラする状態になり最終的には歯が抜けてしまう場合も
あります。


小児歯科

  小児歯科

上井出歯科医院の小児歯科では、0歳からの歯科検診や
虫歯の治療や歯質強化を行っております。小児期は乳歯から
永久歯へと歯が生え替わる大事な時期です。生え替わる
過程でしっかり歯を管理し、健全な成長を促すうえで
小児歯科は大事な部分です。
上井出歯科医院では、お子様の虫歯の予防に努め、
健康なお口の状態に育てることを目標にしています。

小児歯科

しっかり覚えよう! 正しい歯の磨き方

いつも歯をきちんと磨いているつもりなのに、虫歯や歯周病がなくならない。
それは、きちんと歯を磨いているつもりでも実際にはきちんと磨けていないからなのです。 歯やお口の中のトラブル(虫歯、歯周病、口臭など)を予防するには何よりプラーク
(歯垢)をためないこと、増やさないことが第一です。
正しい歯磨きは、虫歯と歯周病の原因となる歯垢(プラ−ク)を除去し、歯ぐきにも適度な
刺激を与え、虫歯と歯周病の予防や治療に最大の効果を発揮します。上井出歯科医院
では正しい歯の磨き方の指導も行っておりますのでお気軽にご相談下さい。

しっかり覚えよう! 正しい歯の磨き方
歯ブラシの選び方

歯ブラシはヘッド(ブラシ部)がコンパクトなもので持ち手がまっすぐになっている物。
また、毛の硬さは「ふつうからやわらかめ」を選ぶと良いでしょう。

歯の磨き方

・ 前歯の外側
  歯と歯茎の境目に、45度の角度で毛先をあて、やさしく小さく円を描くように、微振動させます。
  (歯ブラシを鉛筆持ちにすると、力が入り過ぎません)
・ 奥歯の内側と外側
  歯ブラシを斜めに当て、下から上へと汚れをかき出すように、小刻みに動かします。
・ 前歯の内側
  歯ブラシを縦に入れ、歯ブラシのかかとの部分を歯と歯茎の境目に当て、小さく上下に動かします。
・ 歯の噛み合わせ部分
  毛先全体を使って、ごしごし磨きます。

ブラッシング方法

・ スクラビング法とバス法で磨く
  「スクラビング法」は、歯ブラシの先端を歯の面に直角にあて、歯ブラシ全体を前後に5mm幅ぐらい振動させる
  ブラッシング方法です。この動作を一箇所づつ行い、全体を磨いていき歯の表面の汚れを落します。
  「バス法」は、歯ブラシを歯に45°位の角度であてブラシの先端は歯と歯肉の間に少し入れ、前後に微振動を与える
  ブラッシング方法です。歯ぐきの病気、歯槽膿漏、歯周病などに適した磨き方で、柔らかい歯ブラシで歯と歯の隙間と、
  歯と歯茎の間の汚れを落とします。

  ---

歯の定期健診や歯のことでお悩みの方は まずはお気軽に上井出歯科医院までご相談下さい。
サイトマップ

ページの先頭へ